logo

アップル、追加の人員削減を計画

Ina Fried (CNET News.com)2004年05月07日 14時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Apple Computerが米国時間6日に米証券取引委員会(SEC)に提出した資料によると、同社は、前四半期に開始した企業の再編に伴い、今年追加の人員削減を行うという。

 Appleは、セールスやマーケティング部門の再編を行うなかで、今年9月末までの本会計年度中に148名の人員削減を行う。同社は4月にカリフォルニア州サクラメントの工場を閉鎖した際に、既に200名の人員削減を実施している。Appleは4月に人員削減を行うと述べていたが、具体的な削減人数には言及していなかった。

 Appleは6日、SECに四半期毎に提出する書類のなかで、この人員削減について詳細を明らかにした。

 同書類によると、Appleが前期に再編にかけた費用は960万ドルで、今期はさらに1000万ドルの費用がかかる見込みだという。今期の費用の大部分は、工場閉鎖の完了に関わるものとなっている。

 Appleは、人員削減や工場閉鎖によって、四半期あたり600万ドルの営業経費を削減できるとしている。同社のエグゼクティブバイスプレジデントTim Cookは、先月行われた株主総会で、工場閉鎖のみによってもたらされる効果は四半期あたり300万ドルだと述べていた。

 同社は、ここ数年の間に何度か人員削減を行ってきたが、それでも全体の従業員数は増加している。新規雇用のほとんどは、直営の小売店ネットワーク拡大に伴うものである。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集