logo

ターボリナックス、Linux用のWindows Media対応プレイヤーを発表

ニューズフロント2004年04月27日 14時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ターボリナックスは、米MicrosoftからWindows Media Formatコンポーネントのライセンス供給を受け、Turbolinux上でWindows Mediaコンテンツの再生が行える「Turboメディアプレーヤー」を開発した。ターボリナックスが4月27日に明らかにしたもの。同社によると、「Linux環境でWindows Mediaコンテンツ再生技術を実現/製品化するのは、同プレイヤーが世界で初めて」という。

 Turboメディアプレーヤーは、KDEの標準メディアプレイヤーであるKaffeineのフレームワークを採用し、xineマルチメディアプレイヤーをエンジンとして使っている。そのうえで、Windows Mediaフォーマットを再生するためのデコードライブラリをxineのプラグインとして利用する形でコンテンツ再生を実現した。

 同社は、同日発表したマルチメディア対応デスクトップ新製品「Turbolinux 10 F…」に同プレイヤーを標準添付し、5月28日に発売する。

ターボリナックスのプレスリリース

-PR-企画特集