ヤフーオークションで、東京都の公売システムを構築

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤフーと東京都主税局は4月16日、Yahoo!オークションのシステムを利用して「インターネット公売システム」を構築すると発表した。7月中旬より試行する。

 インターネット公売システムの対象となる商品は、絵画、古美術品などの動産類や自動車。入札参加条件は、20歳以上で、日本語を理解し、利用規約などを厳守する人となっている。利用には、Yahoo! JAPAN IDの登録と、オークション利用者の登録が必要。さらに、、国税徴収法に基づいた公売保証金の納付を行うためのクレジットカード番号などの登録が必要だ。

 現在、東京都主税局で実施している公売は、期日入札という方法で行われている。このため、公売に参加するためには、決められた日時に会場まで出向く必要があった上、一度しか入札できない仕組みになっている。インターネット公売システムでは、参加の申し込みを済ませていれば、開催期間中にインターネットに接続できる全ての環境から入札することができる。

ヤフーのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加