ファウンドリー、SSLアクセラレーション機能付きゲートウェイスイッチを発表

ニューズフロント2004年04月16日 15時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ファウンドリーネットワークスは4月15日、SSLアクセラレーション機能を統合したゲートウェイスイッチServerIron GTシリーズを発表した。同社では、「最大毎秒150万個というSYNパケットによるギガビットレートのDoS攻撃からサーバファームを守り、レイヤ4-7およびSSLの高性能な接続を実現することで、企業ユーザーの厳しい要件に応える」としている。

 ServerIron GTシリーズは、業界最高レベルのレイヤ2/3スイッチングとルーティング機能、インテリジェントなレイヤ4-7スイッチング機能、高性能なSSLアクセラレーションを統合した製品という。「コンパクトなきょう体1台で、高い可用性、スケーラブルかつ高性能なセキュアアプリケーションを可能とするインフラソリューションを提供する」(同社)

 RSA暗号処理を必要とするSSLトランザクションは既存のアプリケーションサーバには負荷が高いが、これをServerIron GTシリーズに移管することで「サーバが十分な性能を発揮できる」(同社)。また、証明書の集中管理が行えるので、セキュリティと管理性が向上する。ウイルス、ワーム、悪意のあるコンテンツを含むメッセージを破棄するといったサーバ防御機能も備える。

 ServerIron GTシリーズのゲートウェイスイッチの構成は以下の通り。かっこ内は参考価格。いずれも2004年夏に出荷開始の予定。

  • ServerIron GT-4G(160万円):
    4個の10/100/1000Gbpsポート(光ファイバー/銅線GbE)、冗長電源(オプション)
  • ServerIron GT-SSL-4G(240万円):
    4個の10/100/1000Gbpsポート(光ファイバー/銅線GbE)、統合SSLアクセラレーション機能、冗長電源(オプション)
  • ServerIron GT-SSL-12G(300万円):
    12個の10/100/1000Gbpsポート(光ファイバー/銅線GbE)、統合SSLアクセラレーション機能、冗長電源(オプション)

Foundry Networks(英文)
ファウンドリーネットワークス(日本語サイト)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加