日本HPと日本通信、iPAQとネット接続サービスをパッケージ販売

ニューズフロント2004年03月15日 16時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)と日本通信は3月15日、日本HPのPDA「HP iPAQ Pocket PC」と日本通信のインターネット接続サービスをパッケージ販売する「iPAQ+bモバイル All in oneパッケージ」について発表した。

 同パッケージは、iPAQ Pocket PC h2210および同h5550に、日本通信の定額制接続サービス「bモバイル PDA100C2-6MB」と、ビーマップの位置情報サービスb-Walkerを同梱した製品。これにより、顧客はPDA、通信サービス、コンテンツを一度に入手できる。「付属ソフトウェアをインストールすれば、購入したその日のうちにインターネット接続が行える」(日本HP、日本通信)

 bモバイル PDA100C2-6MBは、h2210/h5550専用のマルチリンク方式PHSデータ通信料(6カ月分)、インターネット接続料、CFカードをセットにしたもの。DDIポケットのパケット通信ネットワークを利用している。b-Walkerは、インターネット対応の位置情報サービス。PDAに搭載した地図表示ソフトウェアからインターネットに接続することで、現在位置の周辺地域に関する情報を取得できる。6カ月分の利用ライセンスが付属する。

 iPAQ+bモバイル All in oneパッケージの価格は、h2210モデルが7万3600円、h5550モデルが10万8000円。日本HPのオンラインストアで3月19日に発売する。

日本ヒューレット・パッカードのプレスリリース
日本通信
ビーマップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加