logo

フォトレポート:ZMPが開発した新型ヒューマノイド「nuvo」とは

永井美智子(CNET Japan編集部)2004年03月02日 21時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヒューマノイド(人型二足歩行ロボット)の開発・販売を行うゼットエムピー(ZMP)は3月2日、新型二足歩行ロボット「nuvo(ぬーボー)」を発表した。携帯電話からの遠隔操作や、音声指示による操作が可能。年内には一般ユーザー向けに50万円前後で販売される。


nuvoが動く様子 音声指示に応じて歩行を行うほか、両手をばたばたと動かすこともできる
52K
236K
Windows Media Player

nuvo 身長39cm、幅35.3cm、奥行12.2cm、体重2.5kgの小型ロボット

nuvo用の靴とプロテクター スポーツ用品メーカーのミズノが開発を担当。歩いたり転んだりした際の衝撃を吸収し、ロボットの耐久性向上につながる

nuvoのカラーバリエーション 数多くのミュージシャンのグラフィックを担当してきたアートディレクターの原神一氏によるデザイン。右は「LOVE」というロゴをモチーフにしている

nuvo_sensor(ぬーボーセンサー) 360度映し出せる全方位カメラ。11万画素のCMOSカメラを15個搭載する。FOMAのテレビ電話機能を使って映像が見られる

-PR-企画特集