はてなが東京へ移転「夏までには10万ユーザーを達成したい」

早津優美(CNET Japan編集部)2004年02月26日 06時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インターネット上でウェブ日記などのオンラインサービスを手がけるはてなは、2004年2月1日に有限会社から株式会社へと改組した。また、4月には事務所を京都府から東京都に移転する。ユーザーとの交流や、はてなの提供するサービスなどに興味を持つ企業パートナーとの連携を進めたいとしている。また、広告市場の大きい東京に拠点を移すことで、広告面での収益強化も図りたい考え。

 同社は、ユーザーの質問に対して他のユーザーが参考となるURLを紹介する有料Q&Aサービス「人力検索サイト はてな」、ユーザーが登録したサイトを自動巡回して更新状況をメールで通知するほか、登録されたサイトから自分の趣味に近い他のユーザーの登録リストを自動的に紹介し、他のユーザーの登録サイトを自分のリストに移植できる無料アンテナサービス「はてなアンテナ」、ユーザーが作成した用語データベースと日記中のキーワードをリンクさせ、同じ用語を使った日記同士をつなげる機能を持つ無料ウェブ日記サービス「はてなダイアリー」を展開している。有限会社から株式会社へと改組したことで企業の安定性を高め、ユーザー利益の最大化を追究したいとしている。

 同社のサービスは現在7万5000人のユーザーを有する。今後の事業拡大について、はてな代表者の近藤淳也氏は「今年の夏までには10万ユーザー、月間1億ページビューを達成したい」と語る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加