logo

アップル、国内の携帯電話機と同期可能なiSync 1.4を発表

ニューズフロント2004年02月18日 15時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アップルコンピュータは2月18日、アドレス帳やスケジュールなどのデータを複数の機器間で同期するソフトウェアの新版iSync 1.4を発表した。新版は、Symbian OS搭載スマートフォンの対応機種が増えたほか、同社の携帯音楽プレイヤーiPod miniにも対応している。iSync 1.4は、ウェブサイトで同日より無償提供する。対応OSはMac OS X v10.2.8以降。

 さらに、2月17日に発売されたリュウドのバックアップソフトウェア「携帯シンクPlus for Mac」に含まれるiSync用追加ソフトウェア「iSyncコンジット」を使うと、Macと携帯電話機の間でiSync 1.4によるデータ同期が可能となる。「Macから携帯電話機にアドレス帳やカレンダーなどの情報をワンクリックで同期させ、常に最新情報を手元に置ける」(アップル)。対応している携帯電話機は、NTTドコモ、au、ボーダフォン(Jフォン)の第2世代および第3世代を含む117機種。

 なおiSyncコンジットが同梱されていないバージョンの携帯シンクユーザーは、リュウドのウェブサイトからiSyncコンジットをダウンロードできる。

アップルコンピュータのプレスリリース

-PR-企画特集