logo

NTT-X、「gooダウンロード」にWindows CE対応ソフトなど追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTT-X(中嶋孝夫社長)は2月17日、パソコンやPDA、携帯電話のソフトウェアを簡単に検索、ダウンロードできる「gooダウンロード」のソフトウェアラインアップを拡充し、Windows CE搭載のPocket PC向けソフトウェアおよびNTTソルマーレ(廣瀬雄二郎社長)の「フービオ(Foobio)」で提供中のコンテンツを追加したと発表した。Windows CE対応ソフトウェアのダウンロードサービスを提供するのは、ポータルサイトとして初の取り組みとなる。

 同社では、Windows CE搭載のPocket PC向けソフトウェアを加えるとともに、家電量販店などに設置した街頭端末やインターネットを通じてPDAのモバイル機器向けコンテンツをダウンロードできる「フービオ」で提供中のコンテンツを追加することで、ダウンロード可能なラインアップの大幅拡充を図る。ともに「gooダウンロード」に新設する「Windows CEソフト」のコーナーからダウンロードできるようにする。なお、有料ソフトウェアについては各ソフトウェア提供者による課金決済となる。

 今回追加するコンテンツは約1650件で、うちWindows CEソフト(約1300件)については、「goo」の提携サイトでもある「WindowsCE FAN」でダウンロード提供中のソフトウェアを「gooダウンロード」からダウンロード可能としている。各ソフトウェアは、「ゲーム」、「メーラー」など18のジャンルごとに、「新着順」、「クリック順」、「ハード(対象機器別)」などの各形式で表示することができ、フリーワードによる検索も可能。

 一方、「フービオ」提供コンテンツ(約350件)については、「フービオ」で提供中のパソコンでも閲覧可能なPocket PC向け書籍や、「サラリーマン金太郎」などの人気コミックおよびゲームを追加した。

NTT-X
「gooダウンロード」
「フービオ」

-PR-企画特集