CTC、オールインワン仕様のLinuxアプライアンスサーバ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 伊藤忠テクノサイエンス(CTC、岡崎友信社長)は2月3日、オールインワン仕様のLinuxアプライアンスサーバ4機種を3月から販売開始すると発表した。04年度で10億円の販売を目指す。

 今回の製品は、サン・マイクロシステムズが同社のアプライアンスサーバ「Sun Cobalt」シリーズの販売を中止したことにともない、代替ソリューションを求める企業ユーザーが増加したことに対応したもの。

 ラインアップは、

  1. ホスティングサーバで利用される「バーチャルドメイン」機能を搭載し、1台の物理サーバで複数の仮想サイトを運営可能なISPおよびホスティング事業者向けの「CTC Hosting Appliance Server」

  2. WWW、メール、DNS、ファイル共有など中小規模オフィスや部門サーバで必要とされる「インターネット/イントラネットサーバ」機能および「ブロードバンドルータ」機能を備えた「CTC Workgroup Appliance Server」

 ─―の2機種。

 各機種ごとに、低価格で導入・管理が容易な「エントリーモデル」と、CPUやメモリの増設が容易で拡張性が高い「アドバンスドモデル」の2グレードを用意している。

 全機種とも、ターボリナックス(矢野広一社長)のアプライアンスサーバ用ソフトウェア「Turbolinux Appliance Server 1.0(TLAS 1.0)」シリーズとIAサーバによって構成されており、「TLAS 1.0」シリーズには、「Sun Cobalt」シリーズとの互換機能をもつWebベース管理ツール「Blue Quartz」を搭載している。

 CTCでは、エンタープライズ向けのインターネット環境構築および保守サービス事業での実績に、今回の製品ラインアップを加えることで、インターネット関連ソリューションビジネスのさらなる強化を図る方針。

伊藤忠テクノサイエンス
ターボリナックス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加