米マイクロソフト、Word 2003のパッチをリリース

David Becker(CNET News.com)2004年01月28日 10時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは27日(米国時間)、同社の最新版Wordアプリケーションに見つかった欠陥を修正するパッチをリリースした。この欠陥は、特定の状況でWordをクラッシュさせてしまうという。

 このアップデートは、現在ダウンロードで入手可能になっている。この修正では主に、Word 2003でObject Linking and Embedding(OLE)に基づいたオブジェクトを含む書類を印刷もしくは保存しようとした際にプログラムがフリーズしたりクラッシュしたりする問題点に対応している。OLEは、テキストや音声、動画などを組み合わせた複雑な書類を作成するためのMicrosoftの技術。なお、この不具合に関する説明のなかには、この問題を一時的に回避する方法が記されている。

 アップデートに付随する記事には、このパッチで修正されるそのほかの細かな問題も数多くリストアップされている。テキストが消えてしまう複数の状況やWord 2003が勝手にファイル変換ツールを起動してしまうなどの問題がこのなかには含まれる。この報告ではさらに400以上の「エラーシグネチャ」のリストもあり、これもパッチを適用することで修正されるという。

 なお、Microsoftでは、すべてのWord 2003ユーザーに対して、このパッチを適用するよう呼びかけている。

 

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加