マイクロソフト、Windows 98のサポートを2006年6月まで再延長

早津優美(CNET Japan編集部)2004年01月15日 11時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは1月15日、同社のオペレーティングシステムWindows 98、Windows 98SE、Windows MEの延長サポート期間を2006年6月30日まで再延長すると発表した。

 再延長の対象となるのは有償サポートで、2004年1月16日終了の予定だった内容。上記オペレーティングシステムに関して有償サポート契約を結んでいる顧客に対し、マイクロソフトは2006年1月16日までQA対応と既存ホットフィックスや修正プログラムの提供などを継続する。

 有償サポート契約を結んでいないWindows 98/98 SE/MEのユーザーに対しては、2007年6月30日までWindows Update経由で既存の修正モジュールが提供されるほか、オンラインセルフヘルプサポートも同日まで利用できる。マイクロソフトでは修正モジュールをCDにして配布する予定はない。

マイクロソフト Windowsデスクトップ製品のライフサイクルガイドライン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加