日立とアイホン、マンション向けセキュリティ/サービスシステム事業で協業

ニューズフロント2003年12月18日 14時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立製作所とアイホンは12月18日、ITを活用してセキュリティ強化や各種サービス提供を行うマンションシステム事業で協業すると発表した。今後、マンション向けシステムやサービスの提供を共同で実施するほか、次世代システムおよびサービスの開発でも協力する。

 両社は、アイホンのマンション用インターホンシステム「DASH VHXシリーズ」と、日立のマンション向けシステム/サービス「net@ITEM」を連携させ、サービス機能の向上を図るという。具体的な共同事業とサービスの内容は以下の通り。

【共同事業】

  • マンション向けシステムやサービスの共同提案/受注活動
  • 受注拡大に向けた効果的な営業体制の確立と強化
  • 新たに追加するシステムの機能やサービスの共同開発

【サービス】

  • セキュリティ強化を目的とした、入管管理やエレベータ制御、来訪者画像の記録/携帯電話機への転送、携帯電話機によるセキュリティシステム操作、火災などの異常事態通知など
  • インターホンからのエレベーター呼び出し、居住者によるエレベータ内の画像確認
  • 日立カスタマーセンターによる、システムの24時間故障監視および緊急対応

 なお両社は、2004年度に300セット(1万5000戸)の受注を目指すとしている。

日立製作所のプレスリリース
アイホン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加