logo

ITフロンティアとNEC、三菱商事にPCソフト電話を大規模導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイ・ティ・フロンティア(井上準二社長)とNEC(金杉明信社長)は10月2日、三菱商事(佐々木 幹夫社長)と共同で、三菱商事品川オフィスで利用する約3000の電話網をIPネットワークに統合するとともに、「PCソフト電話」約900クライアントの大規模導入を実施したことを発表した。

 今回のネットワークシステムは、次世代の情報インフラとして、VoIP技術を利用したNECのIP-PBX「APEX7600i/180」および「PCソフト電話」を導入。これによって、

  1. PCソフト電話同士の「TV電話機能」
  1. ワープロ・表計算などのアプリケーションをPC上で共有しながら通話
  1. 相手の在席・話中・不在を確認できる「状態表示機能」
  1. 社員一人ひとりの電話帳作成を可能にする「個人電話帳機能」

 ──などを実現した。

 また、受話器となるテンキー付USBハンドセットとPCを持ち歩くことで、社内の移動先でも自分の電話として利用できるなど、コミュニケーション効率および業務効率の向上を図っている。

 さらに今回、電話・eメール・FAX・音声メールを統合した「ユニファイド・メッセージ・システム(UMS)」も併せて導入。出張先や外出先からPCや携帯電話などを使って音声メッセージを確認できるほか、eメールを読み上げる「Text to Speech」機能でも確認することが可能となり、業務の生産性向上やビジネス機会の損失防止、ワークスタイル変革などを実現する。

 今後、アイ・ティ・フロンティアでは、オフィス移転とITインフラの刷新を検討している1000人以上の大規模企業を対象にネットワークソリューションを提供していく方針。

 一方、NECでは、VoIPソリューションの提供拡大を図り、ネットワーク関連のコスト削減や、音声・画像・データを組み合わせた効率的なコミュニケーションの実現、新しいワークスタイルの創造などを推進していく。

 なお、両社では、今回のシステム導入実績を踏まえ、「PCソフト電話」を共同で製品化し、今年度下期から販売開始する計画。共同開発する製品では、

  1. 着信した電話を、内線番号を操作することなくマウス操作だけで簡単に転送する機能
  2. ボタン1つで発呼/応答/切断を可能にする機能

 ──など、利便性を向上する各種「テレフォニー機能」を提供するとともに、今後も共同で「PCソフト電話」の強化に向けた取り組みを進めていく方針。

アイ・ティ・フロンティア
NEC
三菱商事

-PR-企画特集