logo

マイトリップ・ネット、「旅の窓口」登録会員が300万人突破

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイトリップ・ネット(柿崎靖夫社長)は、同社が運営する総合旅行予約サイト「旅の窓口」の登録会員数が、サイト発足から7年8か月を経過した9月18日に300万人を突破したことを発表した。

 「旅の窓口」は、1996年に「ホテルの窓口」として運用を開始以来、会員・宿泊施設・宿泊予約それぞれで実績拡大に取り組み、99年に現在の「旅の窓口」にリニューアル。その後、観光やレジャーでの利用に向けた「観光・レジャー情報」サービスも展開するなど、9月18日現在、利用できる宿泊施設は、国内1万2002軒、海外5091軒、また、宿泊予約数は単月で76万件となっている。

 今回の会員数300万人突破は、200万人突破からわずか1年での達成となり、同社では、その要因を、

  1. さまざまな条件に応じた最適な宿泊施設の選択から予約までを簡単な操作で行える簡易性
  2. 各種サービスの利便性
  3. 会員200万人突破の際に起用したイメージキャラクターを中心とした積極的な広告展開
  4. 国内の宿泊の大多数を占める観光・レジャーでの利用を促進するため、「観光・レジャー情報」サービスをリニューアルし、内容の充実および利便性の向上を図ってきたこと

 ──が評価されたものと捉えている。

 今後、さらなる会員数拡大および支持の確立に向け、充実したサービス・機能の提供に注力していく考え。

 なお、10月31日までの期間限定で、現金やさまざまな商品をプレゼントする「ありがとう会員数300万人」キャンペーンを実施している。

マイトリップ・ネット

-PR-企画特集