logo

日本IBM、国内アプリ・サーバ・ソフト市場で2年連続1位を獲得

ニューズフロント(CNET Japan特約)2003年07月23日 17時05分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「2002年の国内アプリケーション・サーバ・ソフトウェア市場において、IBM WebSphere(ウェブスフィア)Application Serverが出荷金額シェアで1位になった」。日本IBMが7月23日に、インターナショナルデーターコーポレイションジャパン(IDC Japan)の前日付けプレスリリースを引用する形で発表した。それによると、IBMのWebSphereは2001年より連続して首位を維持したという。

 WebSphereの2002年国内シェアは29.6%となり、2位との差を前年度よりさらに広げた。シェア2位は日本BEAシステムズ(13.4%)、3位は日立製作所だった。

 なおIDC Japanは、国内の同市場が2003年から5年間、年間平均成長率10.6%のペースで拡大すると予測している。

日本IBMのプレスリリース
インターナショナルデーターコーポレイションジャパン

-PR-企画特集