logo

米サンと米ネットワーク・アプライアンスがデータ交換規格分野で技術提携

ニューズフロント(CNET Japan特約)2003年06月25日 16時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Sun Microsystems(Sun)と米Network Appliance(NetApp)は米国時間6月24日、次世代システム・エリア・ネットワーク技術の提供に向けて両社が協業すると発表した。「毎秒10Gビットのトランスポートから最大限のスループットを引き出すことで、コンピュータ間のデータ交換の高速化を目指し、広範な技術提携を行う」(両社)とする。

 この提携に基づき、Sunはストレージエリアネットワーク推進団体Storage Networking Industry Association(SNIA)において、NFSv3に向けたRDMAについての取り組みを、NetAppはDAFS ConsortiumでDirect Access File System(DAFS)プロトコルについての取り組みを、それぞれ進めていく。

 両社はまた、DAT CollaborativeとOpen Group Interconnect Software Consortiumで、プラットフォームに依存しないRDMAトランスポート用APIについての取り組みや、IETFにおけるNFSについての取り組みも推進していくという。

 これらにより、「顧客が既存の投資を保護しながら、データセンターをスケーラブルかつ標準化された高性能なコンピューティング環境に円滑に移行できようにする」(両社)という。

ネットワークアプライアンスのプレスリリース

-PR-企画特集