NECとマイクロソフト、.NET対応アプリケーションサーバを共同開発

ニューズフロント(CNET Japan特約)2003年05月27日 14時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECとマイクロソフトは、Microsoft .NET Frameworkに対応したアプリケーションサーバを、共同で開発した。製品名はActiveGlobe WebOTX/COM Ver3.0。両社が5月27日に明らかにしたもの。

 「今後は、販売促進活動や検証システムの構築を協力して行う」(両社)

 ActiveGlobe WebOTX/COM Ver3.0は、NECのプラットフォーム技術VALUMOと、.NET Frameworkの開発生産性を組み合わせたもの。両社は、「既存アプリケーション資産の活用と、信頼性と可用性に優れたシステム構築が可能」としている。

 同アプリケーションサーバの価格は50万円から。同日より販売活動を開始し、6月25日より出荷する。今後3年間で1000本の販売を見込む。

 またNECは、同社のミドルウェア製品である VALUMOウェアや、ActiveGlobe WebOTX/COMベースの製品についても、Microsoft .NET Frameworkに対応させる計画も明らかにした。

マイクロソフトのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加