リナックスの生みの親リーナス・トーバルズがDRM技術の擁護発言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Linux OSの開発者Linus Torvaldsが24日、Linux専門のメーリングリストを通して、Linuxの基本ルールでは開発者がデジタル著作権管理(DRM)技術を使用することを禁じていない、との発言を行った。DRMとはデジタル著作権を保護するための技術で、ソフトウェアが本物であることの証明や映画ソフトの不正コピー防止などに用いられる。しかし一部のオープンソース/フリーソフトサークルからは、DRM技術は彼らの自由を侵害しているとの意見も出ており、Torvaldsの発言は今後物議を醸しそうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加