ビアとMini-Box、組み込み可能な超軽量Linuxパソコン発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 台湾のハードウェアメーカーVia Technologiesと、米国のパソコンメーカーMini-Boxは、Linuxオペレーティングシステムを組み込んだ500ドルの超小型デスクトップコンピュータ、Mini-Box M-100を発表した。Mini-Box M-100は、ViaのEPIA Mini-ITXを搭載した、辞書ほどの大きさの汎用コンピュータで、重さは約900グラム。通常のデスクトップ機として使えるほか、より大きなマシンの内部に組み込んで利用することも可能。この製品は、サンフランシスコで今週開催中の、Embedded Systems Conference会議で発表された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加