logo

Linux高機能化を進めるOSDLに新CEOが就任

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Linuxの高機能化を推進する組織のOpen Source Development Lab(OSDL)は4月21日、新CEOとしてStuart F. Cohenが就任したと発表した。直前まで同氏は、組み込み機器向けハードウェアやソフトウェアを開発するRadisysの副社長を勤めていたが、それ以前は長年にわたりIBMに在籍していた。OSDLは新CEOの下、さらなるパートナーやスポンサーの誘致を進めていく計画だ。

 OSDLは、2002年にIntel、Hewlett-Packard、NEC、Fujitsu、IBM、Dell Computerといった主要PCメーカーのほか、Red Hat、SuSE、Miracle Linux、MontaVista SoftwareなどのLinux関連ソフトウェアメーカーの協力を経て設立された。その目的は、マルチプロセッサベースの高機能なLinuxの開発など、商用UNIXやWindows Serverなどに匹敵するLinuxの機能強化にある。

-PR-企画特集