オンライン広告業界に景気改善の兆し

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 伝統的企業が、広告媒体としてデジタルメディアをますますよく検討するようになっている。たとえば大手ファーストフードチェーンのMcDonald'sは先週、デジタルマーケティング費を増やし、その分テレビコマーシャル費を削る計画を発表した。ウェブマーケティングに力を入れる大手企業はますます増えており、2002年のオンライン広告主トップ20にランクインした企業の半数が、Fortuneの500社に入っている。ドットコム経済の崩壊以来、経営維持に苦しんでいたオンライン広告会社各社も、第1四半期の業績が予想を上回るなど、明るい兆しが見え始めているようだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加