日立の3月期個別決算、特別利益879億円を計上

ニューズフロント(CNET Japan特約)2003年04月08日 15時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立製作所は4月7日、2003年3月期の個別決算において、特別利益879億円と特別損失553億円を計上すると発表した。

 特別利益の内訳は、本社ビルや低稼働不動産の売却による利益が466億円、関係会社株式や有価証券の売却による利益が413億円。なお日立は売却ビルを、2003年3月11日から2006年5月31日までの期間、売却先の日本総合トラストより貸借する。

 特別損失の内訳は、関係会社株式の評価損が355億円と有価証券による評価損が198億円となる。

日立製作所のプレスリリース(PDFファイル)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加