logo

CERNのビッグバンプロジェクト、着実に前進

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スイスの欧州合同原子核研究機関(CERN)では現在、より強力な大型素粒子加速器Large Hadron Collider(LHC)の建設が進められている。科学者たちは、この加速器によって宇宙創生を論じた「ビッグバン理論」の真偽を明らかにできると期待しているが、その前に加速器から出される大量のデータを処理/保存できるコンピュータネットワークの構築が必要となる。そこでCERNは研究に取り組む何千人もの研究者をつなぐグリッドコンピューティングネットワーク「Openlab」を開発した。この開発にはHewlett-PackardとIntelが技術協力を行っており、さらに4月2日にはIBMもプロジェクトへの参加を発表する予定だ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]