logo

米Webユーザーは戦争支持者が多数

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 調査会社のPew Internet & American Life Projectは4月1日、米国人1600人を対象に6日間にわたって行った「The Internet and the Iraq War」と題する報告書の中で、インターネットにアクセス可能な人のうちの87%がTVを見ている一方、77%がWeb上で情報を探していたという調査結果をまとめた。また、Webユーザーは非Webユーザーよりも戦争支持派が多く、戦争反対派は戦争支持派よりもWeb上でのアピールが具体化していたのだという。

-PR-企画特集