logo

独自Linux戦略を捨てるサン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Sun MicrosystemsのOSプラットフォーム事業部副社長のJohn Loiaconoは3月28日、今後同社が独自にカスタマイズしたLinuxのサポート継続は止め、2003年末までには標準仕様へと移行すると発表した。これによりSunは、それまでの独自Linux戦略を捨て、Red HatやSuSeなど他のLinuxディストリビュータとパートナーシップを結んでいくことになる。

 今回の決定で、SunのLinux戦略は、同業ライバルのIBMやDell Computer、Hewlett-Packard(HP)に近づいた。ライバルの戦略と違う点は、Orion collectionと呼ばれるサーバアプリケーションスイートのバンドルを行うことと、Intel版SolarisでLinuxソフトウェアの動作を可能にさせることの2点である。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]