調査報告:米国ネットユーザーのピークは全人口の80%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 調査会社eMarketerの報告によると、米国では2002年末の時点で、全人口の55%にあたる1億5300万人がインターネットを利用しているという。この数字は全世帯の約58%にあたり、また2003年にはさらに1000万人の新たなユーザーが生まれると予想されている。さらに、米国でのネットユーザー数が飽和状態となるのは、全人口の80%で約4分の3にあたる世帯にまで普及したときだと予測しており、今後10年内にその状態に達するとみている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加