顔認証システムの機能面が向上、米商務省調べ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米商務省標準技術局(NIST)は3月に、「The Face Recognition Vendor Test 2002(FRVT2002)」と題した顔認証技術についての調査結果を発表した。この調査は2001年の同時多発テロ後に米国愛国者法と国境保安強化法が制定されたのを受け、NISTが顔認証技術の開発に取り組む企業10社を対象に行ったもの。それによると、2000年の調査時に比べ各社のシステムに機能面の向上が見られ、エラー発生率も当時から5割も減ったという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加