logo

日本IBMから同時に複数データソースを検索できるソフトが登場

ニューズフロント(CNET Japan特約)2003年03月26日 15時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本IBMは3月26日、複数データソースの同時検索に対応するソフトウェア、Lotus Extended Search 4.0を4月25日に発売すると発表した。価格は1CPU当たり214万5000円(税別)。

 Lotus Extended Searchは、Lotus Notes/Domino上の文書や、RDB、インターネット上のデータコンテンツなど、多様な情報を同時に検索できる。検索結果はデータソースの種類に関わらず1つにまとめ、ランクを付けて表示することも可能。

 対応OSはWindows NT/2000、AIX、Solaris、Red Hat Linux for Intel。利用には、WebアプリケーションサーバとしてIBM WebSphere Application ServerもしくはIBM Lotus Dominoが別途必要となる。

日本IBMのプレスリリース

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]