logo

ユニシスがサーバ管理ツールのフェイルオーバー機能を強化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Unisysは、サーバ管理ツールServer Sentinelの機能強化を行った。同製品は、同社製サーバES7000シリーズ上でWindowsソフトウェアを効率よく動かすことを助けるもの。今回追加されたのは、メインのサーバがダウンしたと判断したとき、別のサーバに業務を引き継ぐフェイルオーバー機能。このフェイルオーバー機能の特徴は、障害をあらかじめ予測して、自動的にフェイルオーバーを引き起こさせる点である。Windowsの上位バージョンはフェイルオーバーの機能を標準で備えているが、障害後のフェイルオーバーにしか対応しないため、障害復旧が遅くなりがちという難点があった。今回の機能強化は、この点を改良したものである。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]