logo

2002年の国内IAサーバ市場、出荷台数、出荷金額はともに2桁減

ニューズフロント(CNET Japan特約)2003年03月19日 14時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IDC Japanが3月18日に、2002年国内IAサーバ市場の動向について発表した。出荷台数は前年比11.7%減の34万5000台、売上高は前年比16.9%減の2149億円となった。

 IAサーバ市場は過去数年間、コスト効率の高さから急成長を遂げていた。IDC Japanは、2002年に出荷台数と売上高が減少した理由を、「大企業への導入一巡とキラーアプリケーションの不在」と分析する。「今後はUNIXサーバからの移行や買い替え需要などを巡ってベンダー間の激しい競争が展開される」(同社)という。

 また、2002年に市場に登場したブレードサーバの出荷台数は3000台となった。今後、テスト導入を終えた企業が、バックエンドなどの中核業務に利用することが予想され、市場は毎年3倍のペースで拡大していくという。IDC Japanでは、IAサーバーの新規出荷台数全体に占めるブレードサーバの割合は、2007年に約20%になるとみている。

IDC Japan

-PR-企画特集