logo

日本オラクル、顧客システム遠隔管理サービスを提供開始

ニューズフロント(CNET Japan特約)2003年03月17日 16時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本オラクルは3月17日、顧客システムの運用/管理を365日24時間体制で請け負うアウトソーシングサービス、Oracle Outsourcingを同日より提供すると発表した。

 Oracle Outsourcingでは、日本オラクルがネットワーク経由で遠隔地から顧客のシステムを管理し、設定/障害予防/障害発生時の対処などを行う。以下に示す3種類のサービス形態を用意する。

  • @Customer:顧客の施設内に設置したシステムを、遠隔地から運用/管理する。
  • @Partner:日本オラクルのパートナー企業が運営するデータセンター内に設置した顧客のシステムを、遠隔地から運用/管理する。
  • @Oracle:米Oracleが米国で運営するデータセンター内に設置した顧客のシステムを、直接運用/管理する。

日本オラクルのリリース

-PR-企画特集