logo

SuSE、利益分配を軸とした新たな提携計画を発表へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ドイツのLinux OSプロバイダSuSEは3月14日、ドイツで開催されるCeBit技術見本市で新たな提携計画を発表する。この計画では、自社製品にSuSE製品を統合してくれた提携企業に対し、SuSEがトレーニングやサポートサービスを提供する。元々同社は、提携企業から新たなビジネスを提供してもらう見返りに利益を分配するという間接的な販売戦略にシフトしつつあり、今回の提携計画もパートナーであるIBMに全てのサーバ製品でLinuxをサポートしてもらうのが狙い。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]