logo

過当競争の様相を呈すホットスポットサービス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国企業はホットスポットサービスの立ち上げにやっきになっている。しかし、その事業立ち上げのためのコストの高さに対し、実際の需要と適正な価格については不透明であり、それが少ない利益という状況を呼び込んでいる。McDonald's、Borders Group、Hilton Hotels & Resortsといった企業が同ビジネスに参入するなか、先行してサービスを提供していたT-Mobileは接続料金をそれまでの40ドルから30ドルへと引き下げた。

-PR-企画特集