logo

激戦化するEAIマーケットで差別化を目指すSeeBeyond

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SeeBeyondは3月11日、同社EAI(Enterprise Application Integration)製品のメジャーアップグレードとその詳細を明らかにした。新製品のIntegrated Composite Applications Networks(ICAN) version 5.0はWebサービス対応により、ビジネスプロセスの自動化や他のミドルウェアとの連携が容易になっている。同社は同製品のリリースにより、激戦化するEAIマーケットにおいて他社との差別化を図るつもりだ。

-PR-企画特集