NTTドコモ、韓国サムスンとiモード端末を共同開発

ニューズフロント(CNET Japan特約)2003年03月11日 11時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは韓国Samsung Electronicsと、GSM/GPRS方式対応のiモード端末を共同開発する。両社が提携に合意したことをNTTドコモが3月10日に明らかにしたもの。

 GSM/GPRSは欧州などで普及しているデジタル携帯電話システム。NTTドコモは、すでにNECなどと欧州版iモードサービス「i-mode」向け端末の開発で提携している。今回のSamsung Electronicsとの提携は、同社が海外で進めるこのi-mode事業を強化するのが狙い。

 Samsung Electronicsと開発する端末は、ACCESS社のブラウザと米Sun MicrosystemsのJava機能ソフトウェアを搭載する。発売は2004年初頭の予定である。

 なおSamsung Electronicsは3月12〜19日にドイツのハノーバーで開催されるCeBIT(ドイツ産業見本市)で、共同開発する端末のイメージ機を展示する予定。

NTTドコモのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加