logo

IBM、「自己最適化」型ソフトの詳細を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMが、企業がコンピューティングリソースをより有効に利用できるように設計された「自己最適化」ソフトの詳細について明らかにした。このソフトはトラフィックの変化に応じて、自動的にインターネット上のコンピューティングリソースを増減させるというもの。同社はこのソフトをまずコンサルティングサービスで使用し、その後にTivoliやWebSphereといった同社製品に組み込む予定という。

-PR-企画特集