マイクロソフト、3Dグラフィック委員会を脱会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは、3Dコンピューターグラフィックの共同技術開発を進めるグループ、OpenGL Architecture Review Board(ARB)を2月15日付けで脱会し、今後は独自のDirectXテクノロジーに焦点を絞る。WindowsのプロダクトマネージャーCharmaine Gravningによると、現在Microsoftの技術は多岐にわたっており、今後はどの技術を採用していくかが重要であるという。その点において、Microsoftの進む方向にOpenGLがなかったことが今回の決定の理由だと述べている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加