2002年末のブロードバンド加入者は780万

ニューズフロント(CNET Japan特約)2003年01月31日 18時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 総務省は1月31日にインターネット接続サービスの利用者数を発表した。国内における2002年12月末現在のサービス加入者総数(速報値)である。このうちブロードバンドサービスである、DSL(digital subscriber line)、FTTH(光ファイバを用いた一般家庭向けネット接続)、CATV回線のサービスを合わせた加入者数合計は780万5917となった。

 ブロードバンド加入者数は、2002年1月末時点で313万3935だったので、11カ月でほぼ2.5倍増えたことになる。

 各サービスごとの加入者数は、DSLサービスが564万5728で2002年1月末時点の3.1倍となった。FTTHサービスは20万6189で同16.7倍と急増している。CATV回線サービスは195万4000で同1.5倍。

インターネット接続サービスの利用者数等の推移(総務省)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加