お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

宿泊や交通手段の予約購入におけるウェブの利用状況とは

2006/12/25 12:13
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 国内、海外とも旅行者が多い中で、旅行の行き先や形態を決める際にウェブサイトがどの程度利用されているか、また今後利用するにあたってウェブサイトに求める条件とはどういったものなのか。今回は「旅行情報収集・購入時におけるウェブサイトの利用について」と題して調査を実施した。

 今回の調査は12月15日〜12月17日で行い、全国の1309人の男女(男性50.34%、女性49.66%)から回答を得た。また調査に回答頂いた年齢層は19歳以下16.73%、20歳代16.73%、30歳代16.73%、40歳代16.73%、50歳代16.50%、60歳代13.22%、70歳以上3.36%であった。

 国内、海外旅行を検討する際の情報収集手段として、主に利用しているのは旅行会社のウェブサイトと回答した人は69.06%、行き先に関する一般的なウェブサイト(観光協会や地域のホームページなど)と回答した人が51.64%となっており、インターネットを利用しない情報収集手段として最も多い、旅行会社のパンフレット58.67%に並ぶ、主要な情報収集手段として活用されているという結果となった。

 国内、海外旅行に関する情報収集時にウェブサイトを利用する理由は、都合のいい時に利用できるから(82.32%)、知りたい情報が得られるから(69.60%)、比較・検討しやすいから(55.75%)、ウェブサイト限定のサービス(価格・プラン)があるから(43.69%)など、情報収集する側がいつでも利用できるメリットを多くの人が感じているとともに、より多くの情報や検討時の効率性、ウェブならではのサービスなど、さまざまな点が挙げられていた。

旅行内容の検討時におけるウェブサイトの利用状況(gooリサーチに登録した全国の1309人の男女に12月15日〜17日に調査)

 ウェブサイトを利用する人が「ウェブ上の口コミ情報」をどの程度利用しているかについては、よく利用する(14.22%)、たまに利用する(43.87%)、ほとんど利用しない(29.37%)、利用しない(12.54%)となっており、半数以上が何らかの形で口コミ情報を参考にしているようだ。また、20代、30代での利用が多くなっていた。

旅行情報収集時におけるウェブサイト(パソコン)での口コミ情報の利用状況(年齢別)

 一方、ほとんど利用しない、利用しないと回答した理由は、口コミサイト以外の情報で満足しているから(46.88%)、情報が信用できないから(26.12%)、欲しい情報が得られないから(21.88%)となっており、口コミサイトの内容の充実および情報の信頼性の向上が今後の課題として明らかになった。

ウェブサイトの口コミ情報を利用しない理由

 交通手段や宿泊施設の予約や購入については、パッケージ旅行を旅行会社の窓口で予約購入するユーザーが27.81%であるのに対し、交通手段や宿泊施設の一部を、航空会社や宿泊施設などのウェブサイトで直接予約購入するユーザーが27.73%、交通手段や宿泊施設の一部を旅行会社や旅行代理店のウェブサイトで予約購入するユーザーが22.54%、パッケージ旅行を旅行会社や旅行代理店のウェブサイトで予約購入するユーザーが16.58%となり、ウェブサイトを何らかの形で活用する人は合計で約66.85%となった。

 今後、情報収集から購入までをウェブサイトで行うための条件は、ウェブサイトが金額の安い商品を扱っていること(57.60%)、さまざまな行先の商品を扱っていること(50.88%)、信用できる口コミ情報が多くなること(48.97%)、質が高い商品を扱っていること(48.36%)などとなっており、より多くの確かな情報と旅行商品の質を充実させることが求められているようだ。

ウェブサイト(パソコン・携帯電話)による情報収集から旅行商品購入への今後の条件(男女別)

この調査は、ポータルサイト「goo」を運営するNTTレゾナントが提供している高品質で付加価値の高いネットリサーチサービス「gooリサーチ」を利用して行っております。100万会員以上の調査専属モニターを擁し、消費者向け調査から、法人向け調査、グループインタビューまで、様々な市場調査ニーズに対応しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社