お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

Web 2.0の挑戦者:個人対個人のオンライン融資コミュニティLending Club

2007/07/17 12:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
image

Lending ClubのRenaud Laplancheがメールでのインタビューに応じてくれた(2007年6月2日)。

Lending Clubはどのようなサービスを提供するWebアプリケーションですか。

 Lending Clubはオンラインの融資コミュニティで、ユーザが銀行をバイパスして互いに融資しあうことで、有利な利率を実現することができます。協力し合うことで、メンバーは銀行よりも有利な利率で資金を借りることができ、また銀行口座よりも高い利率で貸し付けを行うことができるのです。このサービスはFacebook限定で、2007年5月24日に操業を開始しました。

このプロジェクトを始めたきっかけは何ですか。

 1999年にわたしが最初の会社を始めた時、自分のクレジットカードで初期経費のいくつかを決済しました。数カ月後に2万ドルをカードに入金したのですが、信用度が高いにも関わらず18%もの利息を払わなくてはならないことに気づいて驚きました。わたしには低い利率の商品を探して回る時間もなければ、細かい契約を読む時間もありませんでした。代わりに、何人かの友達が10%の利率で必要な資金を貸してくれることになりました。この経験が、Lending Clubの基本的な原則の元になりました。

 多くの人は、個人ローンやクレジットカードで高い利息を払っています。これは、彼らがよりよい利率のものを探して比較する時間がなく、隠れた手数料や紛らわしい用語を持った商品ばかりに埋もれているからです。

 技術を使うことによって、ソーシャルネットワークとオンラインコミュニティを通じて貸し手と借り手をマッチングし、身元情報を結びつけることができます。この結びつきは貸し手側の信用と借り手の責任を築きます。

eVokeの運用や拡張にどのくらいの時間を割いているのですか。本業(day job)はお持ちですか。

 Lending Clubは2006年の夏に設立されました。これはわたしの日中の(そして夜の!)仕事です。

スタッフは何人くらいいるのですか。また、あなたの経歴をお聞かせください。

image

 21人のメンバーがおり、今後6カ月以内に20人が加わる予定です。主なチームメンバー3人は、わたし(Renaud Laplanche)とJohn Donovan、Joaquin Delgadoです。われわれはLending Clubを設立する以前に、起業、金融業務、技術の領域で幅広い経験を積んでいます。わたしはTripleHop Technologiesを設立し、2005年にOracleに売却しています。John DonovanはMastercardのクレジットとデビットサービス関連製品の開発と運用を17年間経験しています。Joaquin Delgadoはわたしが以前興したTripleHopでの最高技術責任者(CTO)で、計算機科学のPh.D.を持っており、マッチングアルゴリズムとユーザープロファイリングを専門にしています。また、eBay、Oracle、Wells Fargo、Razorfish、Photobucketから来たチームメンバーもいます。

あなたの設計哲学は何ですか。

 われわれは複雑なアルゴリズムと安全性の極めて高い金融処理を使いながら、ユーザに対しては単純なサービスにしようと務めています。単純さと使いやすさが設計原理の中心です。

eHubについて

Emily Chang氏が日頃使ったり魅力を感じたり注目したりしているウェブアプリケーション、サービス、リソース、ブログ、サイトをまとめた個人的なリストがeHubである。Chang氏はネットワークに毎日アクセスし、ネットサーフィンや検索、電子メール、RSSリーダー、SMSなどで何かを見つけたときに、随時リストを更新している。Chang氏が特に関心を寄せているのは、次世代ウェブ(ウェブ 2.0)、Ruby on Rails、Ajax、ブログ、ロケーションマッピング、オープンソース、フォークソノミー、タギング、デザイン、デジタルメディアの共有だという。そのため、eHubにはそういう視点が反映されている。

eHubが当初の意図を超えて成長するきっかけとなったのは、Chang氏とMax Kiesler氏によるウェブ 2.0アプリケーションサービスの開発者へのインタビューeHub Interviewsチャネルが追加されたことだ。Chang氏とKiesler氏は、サンフランシスコにあるウェブデザインコンサルタント会社Ideacodesの共同創始者兼代表者である。CNET Japanでは、eHubを運営するEmily Chang氏の了解の下、eHub Interviewsを翻訳していく。

筆者Emily Chang氏について

Emily Chang氏は、数々の賞を受賞したウェブインタラクションデザイナー、技術戦略家で、Max Kiesler氏と共同で設立したサンフランシスコのウェブコンサルタント企業Ideacodesの代表者である。ウェブとユーザーエクスペリエンスに関するデザインや技術、次世代ウェブについてのサイトEmilyChang.comの筆者であり、人気のウェブ 2.0リソースであるeHubの作成者でもある。同氏によればeHubとは、日頃使って魅力を感じたり、注目したりしているウェブアプリケーション、サービス、リソース、ブログ、サイトをまとめた個人的なリストなのだという。

※ この記事はクリエイティブ・コモンズ・ライセンス(帰属2.5)の下でライセンスされています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社