お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

日立マクセル、圧縮音源を原音に近づけるiPod対応スピーカー

2008/07/14 10:42
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立マクセル(角田義人社長)は7月10日、高音域補間機能「Bit-Revolution(ビット・レボリューション)テクノロジー」を搭載するiPod対応のスピーカー「VRSP-4000」を、7月25日に発売すると発表した。価格はオープン。実勢価格は2万5000円前後の見込み。

 独自の高音域補間機能「ビット・レボリューションテクノロジー」を採用し、MP3やAACなど圧縮音源の再生時に、最大周波数48kHzまでの高音域を補間して原音に近いサウンドを再現する。最大出力合計36Wの高出力アンプを内蔵し、中低域用ウーハーと高域用ツィーターからなる2ウェイスピーカーを備える。

 本体上部にiPod向けDockコネクタを搭載し、iPod を直接接続して再生や充電ができる。対応iPodは、iPod、iPod nano、iPod mini、iPod touch、iPod classic。専用のマルチリモコンが付属。そのほかの携帯オーディオは、ステレオミニプラグで接続する。

 FMラジオチューナーを搭載し、最大30局までの登録が可能。2つの時刻を設定できるデュアルアラーム機能やスリープタイマー機能を備える。本体サイズは幅320×奥行き198×高さ160mm、重さは約4.4kg。

日立マクセル=http://www.maxell.co.jp/jpn/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社