お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

複数台のREGZAで映像を共有--アイ・オーのREGZA専用ハードディスク「HVL4-G2.0」

2008/04/09 20:19
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイ・オー・データ機器は4月9日、東芝の録画機能つき液晶テレビ「REGZA」専用の録画用ハードディスク「HVL4-G2.0」を4月末に発売すると発表した。

 HVL4-G2.0は、REGZAの「ZH500シリーズ」と「ZV500シリーズ」に対応する外付けのハードディスクだ。価格は税別10万6300円。DLNAガイドライン1.5とDTCP-IP v1.2の両方に対応しているのが特徴で、対応するREGZAで録画したデータをHVL4-G2.0にムーブすると、複数のREGZAで視聴可能になる。

アイ・オー・データ機器「HVL4-G2.0」 アイ・オー・データ機器「HVL4-G2.0」

 接続は、REGZAの汎用LAN端子を利用する。容量は2テラバイトで、ハードディスク内部は4台のドライブを利用したRAID5構成となる。そのため、1台のHDDが故障してもデータは損失しないが、録画に利用できる容量は1.5テラバイトとなる。

 再生はDTCP-IP対応のREGZAで可能で、現行機種ではZH500シリーズおよびZV500シリーズとZ3500、Z2000が対象となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社