お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

Zuneにゲーム機能は搭載される?--MSの発表後もゲームサイトの期待感はやまず

2006/07/24 15:34
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftがデジタルメディアプレーヤーを開発中であることを認めた。しかし、これにゲーム機能が搭載されるか否かはいまだ不明だ。

 Microsoftは米国時間7月21日にデジタル音楽プロジェクト「Zune」の準備を進めていることを認める声明を発表し、フラッシュアニメーションをつかい、Regina Spektorの楽曲「Us」をフィーチャーした宣伝サイトを公開した。Zuneブランドは、Apple Computerが提供する「iPod」や「iTunes」のキラー製品になる可能性を秘める--さらに、これはSony Computer Entertainmentの「PlayStation Portable(PSP)」や任天堂の「NINTENDO DS」に対抗するとも言われている。だが、Microsoftはこれまでのところ、ZuneがApple、ソニー、任天堂の3社に対抗し得るサービスであるとの憶測についてはコメントを控えている。

 Microsoftのマーケティングを担当するゼネラルマネージャーのChris Stephenson氏は声明で、「われわれが、音楽とエンターテインメントを提供するためのプロジェクト『Zune』を進めていることは事実だ。Zuneブランドの下、ハードウェアやソフトウェアの製品シリーズを提供する予定だ。最初のシリーズは2006年内に提供を開始する。これはわれわれにとっても、技術とコミュニティーを結びつけ、消費者とともに音楽の世界を探検し、発見をする良い機会である」と述べた。

 しかし、Zuneに搭載されるゲーム機能については何も発表されていない。MicrosoftはZuneがPSPやDSに対抗する製品になるのではと問われ、お茶を濁すような回答をしている。「具体的な情報は提供できない。Zuneでまず狙っていることは、音楽とエンターテインメントにおける最高のエクスペリエンスをユーザーに届けることだ」と同社は述べている。

 今のところ明らかにされている情報といえば、Zuneブランドが「ハードウェアおよびソフトウェア製品を擁する製品ファミリー」であり、さまざまなデジタルエンターテインメントサービスが組み込まれるということだけである。しかし、Zuneの最初の製品が音楽に焦点を当てたものになることが分かったものの、同社の描くロードマップにはLive Anywhereなどのほかのエンターテインメントサービスが存在することから、携帯ゲームプレーヤーとして使えるZuneが登場する可能性も残されている。

 Microsoftが製品リリースにあたり、先行宣伝サイトを立ち上げるのは今回が初めてではない。同社は2006年に入り、Origamiプロジェクトのサイトを立ち上げ、Ultra-Mobile PC発表前の期待感を盛り上げるのに成功した。まだ2005年にXbox 360を発表する際にもOurcolony.netというなぞのサイトを立ち上げていた(その後、同社はOurcolony.netのURLをフロリダ州の不動産業者に売却している)。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社