お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

NEC、ロボットと各種の電子機器の連携を可能にする新技術

2006/05/09 22:16
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは5月9日、ロボット制御ソフトウェア「RoboStudio」の制御対象をPCや携帯電子手帳などの画面上のCGキャラクターにも拡大する技術を開発したと発表した。

 新技術は、画面上のCGキャラクターをRoboStudioで制御可能にしたこと、RoboStudioで開発したロボットのふるまいを記述するプログラム(シナリオ)をPCや携帯電子手帳などでも動作可能にしたこと、RoboStudioの保持する情報を無線ネットワークやサーバを介して交換可能にしたことにより実現した。

 これにより、家でロボットと会話した記憶を、外出時にはカーナビや携帯端末上のCGキャラクターが引き継ぎ、オフィスではPC上のCGキャラクターが引き継ぐというような、ロボットと各種の電子機器の連携が可能となるという。

 今回の開発により、NECがパーソナルロボット「PaPeRo」の研究開発で培ってきた、人との自然な対話やコミュニケーションを実現するロボットユーザーインターフェース技術を、ロボット以外の電子機器にも展開できるようになるという。

 NECは今後、この技術をカーナビや携帯電話、情報家電などに応用展開するとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社