お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

仏トムソン、HD DVDプレイヤー市場への参入を表明

2004/12/13 12:25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Thomsonが米国時間10日、HD DVDプレイヤー市場への参入を発表した。また同社は、ディスクについてはHD DVDとBlu-rayの両フォーマットを製造すると述べた。

 業界では、HD DVDとBlu-rayのどちらのフォーマットが最終的に標準になるかという論争が続いている。そのなかでThomsonは、両次世代DVDフォーマットへの支持を表明した最新の企業となる。

 ThomsonのTechnicolor Home Entertainment Services部門を担当するプレジデントのQuentin Lillyは声明のなかで、「フォーマットが何であるかに関係なく、コンテンツ保有者から信頼されるサービスプロバイダであり続けることが、われわれの従来からの方針だ」と述べた。

 HD DVDフォーマットを支持する企業には、NECや東芝などがある。 一方、ソニーをはじめ、Dell、Hewlett-Packard(HP)、松下電器産業、Royal Philips Electronics、Samsung Electronicsといった多数の大手技術ベンダはBlu-rayフォーマットを支持している。

 ThomsonのTechnicolor部門はHD DVDとBlu-rayの両フォーマットに対応したディスクを製造する。しかし、同社の広報担当Monica Coullによると、同社では来年後半に登場するDVDプレイヤーではHD DVDフォーマットのみをサポートする計画で、今のところBlu-rayフォーマットに対応したプレイヤーを公開する計画はないという。

 Thomsonの次世代DVDプレイヤーは、米国ではRCAブランド、欧州ではThomsonブランドで販売される予定だ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社