お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

アマゾン、ボタンを押すだけで日用品が届く「Dash Button」を日本でも発売

2016/12/05 11:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazon.co.jpは12月5日、ボタンを押すだけで洗剤やシリアル、おむつなどの日用品を注文できる小型端末「Amazon Dash Button(アマゾン ダッシュ ボタン)」を日本で発売した。年会費3900円のプライム会員のみが購入できる。端末価格は500円だが、Dash Buttonを使って購入した商品の初回注文の金額から500円が差し引かれるため、実質無料となる。

「Amazon Dash BUtton」
「Amazon Dash Button」

 Dash Buttonは、メーカーごとではなく商品ブランドごとに販売される。当初は、花王の洗濯洗剤「アタック」や、サントリー食品インターナショナルのミネラルウォーター「サントリー天然水」、ライオンの歯磨き粉「システマ」、カルビーのシリアル「フルグラ」など、40ブランド(700種類以上)のボタンをラインアップした。端末は省電力で数年使うことができ、1000回以上の注文が可能だという。

スマートフォンとBluetoothでペアリングして設定する
スマートフォンとBluetoothでペアリングして設定する

 Dash Buttonは、スマートフォンアプリで利用設定をする。まずユーザーは、スマートフォン向けのAmazonショッピングアプリ(iOS/Android)と、Dash ButtonをBluetoothでペアリングし、自宅のWi-Fiと接続。その後、アプリで繰り返し注文したい商品を選ぶ。たとえば、サントリー天然水は「2リットル」「500ミリリットル」など複数のサイズがあり、「ヨーグリーナ」「朝摘みオレンジ」など味のバリエーションも豊富なため、その中からボタンで注文したい商品を1つだけ設定する。商品は後から変えることも可能だ。

キッチンや水回りなど、それぞれの日用品の近くにDash BUttonを設置
キッチンや水回りなど、それぞれの日用品の近くにDash Buttonを設置

 設定が終われば、あとはキッチンや水回りなど、それぞれの日用品の近くにDash Buttonを設置し、その日用品がなくなったら、ボタンを押すだけで「Amazon 1-Click」によって再注文できる。ボタンを押すと端末が白く点滅し、緑に変わったら注文完了。注文内容は即座にアプリに届くため、間違って押してしまった場合もキャンセル可能だ。また、何度押しても商品が届くまでは1回分としてカウントされるとのこと。お急ぎ便にも対応しているため、朝に注文して夕方に受け取ることもできるという。

 Amazon Dash担当ディレクターのDaniel Rausch氏は、「日用品の買い物はただの労力であり、ショッピングに行っても楽しいものではない。Amazonのミッションは、日用品のシッピング体験を消滅させることだ」と語り、Dash Buttonによって、日用品の備蓄切れのイライラや心配を解消したいと説明する。

Amazon Dash担当ディレクターのDaniel Rausch氏
Amazon Dash担当ディレクターのDaniel Rausch氏

 Dash Buttonは、2015年3月に米国で発売され、それから12カ月でボタンを通じた注文数は5倍に増えたという。また、利用者は自宅で平均4個のボタンを使っているそうだ。米国では当初、18ブランドで開始したが、現在は200ブランドまで拡大しているという。グローバルでは、オーストリア、ベルギー、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、イギリスなどでも販売されている。

 同日には、家電機器と連携して日用品の再注文を自動化する「Amazon Dash Replenishment(アマゾン ダッシュ リプレニッシュメント)」も提供することが発表された。日本では当初、アイリスオーヤマ、エレコム、シャープ、船井電機、三菱レイヨン・クリンスイがパートナーとなった。

「Amazon Dash Replenishment」に対応した米国のコーヒーメーカー
「Amazon Dash Replenishment」に対応した米国のコーヒーメーカー

 各メーカーはAmazonのAPIを使って、インターネットにつながった家電機器と、Amazonのクラウドサービスをつなげることで、その機器で消費される商品がなくなりかけると、Amazon経由でその商品が自動で再注文されるようになる。たとえば、自宅のプリンタのインクが切れそうになると新たなインクが届く、掃除機の紙パックがゴミで埋まると新たな紙パックが届くといったイメージだ。米国では、GEやSamsung、Brotherなど数十社が参画しているという。

「Amazon Dash Button」
Scroll Right Scroll Left

「Amazon Dash Button」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社