お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

キヤノン、デジタル一眼レフカメラ「EOS 80D」--動画撮影も強化、Wi-Fi/NFCにも対応

2016/02/18 19:10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キヤノンは2月18日、デジタル一眼レフカメラ「EOS 70D」(2013年8月発売)の後継機種となる「EOS 80D」を3月25日より発売すると発表した。

 ラインナップは、「EOS 80D・ボディー」(実勢予想価格は税別12万9800円)、「EOS 80D・EF-S18-55 IS STM レンズキット」(実勢予想価格は税別13万8800円)、「EOS 80D・ダブルズームキット」(実勢予想価格は税別16万6800円)、「EOS 80D・EF-S18-135 IS USM レンズキット」(実勢予想価格は税別17万6800円)の4種類。

「EOS 70D」
「EOS 70D」

 EOS 80Dは、視野率約100%の光学ファインダとオールクロス45点AFなどの本格的なファインダ撮影性能を備える。さらに動画撮影時には滑らかで追従性の高いAFを可能とし、CMOSセンサの画素が撮像と位相差AFの両方を行う「デュアルピクセルCMOS AF」を備える。

 新開発の有効画素約2420万画素のAPS-CサイズCMOSセンサと、映像エンジン「DIGIC6」により、高画素化と最高約7コマ/秒の高速連写を両立。さらに、最高ISO16000(動画撮影時:ISO12800)の常用ISO感度を達成している。シャッター速度は、1/8000~30秒。

 記録メディアには、SDXC/SDHC/SDカード(UHS-I対応)を採用する。

 Wi-Fi/NFCにも対応しており、カメラ間での静止画や動画などの画像の送受信を可能とするだけではなく、スマートフォンやタブレットなどの携帯端末によるリモート撮影や画像転送が可能。キヤノンのフォト&ムービーストレージ「Connect Station CS100」(別売、2015年8月発売)に同機をかざして接続することで、画像の保存・整理も行える。

 外形寸法は、幅約139.0mm×高さ105.2mm×奥行き78.5mm。重量(CIPAガイドラインによる)は、約730g。本体のみでは、約650g。

 また、APS-Cサイズのセンサに適した光学系を備えた「EF-S レンズ」シリーズの新製品として、新開発の超音波モーター「ナノUSM」を搭載した高倍率ズームレンズ「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM」も3月25日より発売する。

「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM」
「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM」

 EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USMは、「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM」(2012年6月発売)の後継機種。新開発の超音波モーターである「ナノUSM(Ultrasonic Motor=超音波モーター)」を搭載しており、従来機種よりフォーカスレンズの駆動速度が最大で約4.3 倍となり、AF速度の向上を実現している。

 35mm判換算時で29-216mm相当。レンズ構成は12群16枚。絞り羽根枚数は7枚(円形絞り)。最短撮影倍率は、0.39m(ズーム全域)。最大撮影倍率は、0.28倍(135mm時)。フィルター径は、67mm。最大径は、77.4mm。全長は、96.0mm。重量は、約515g。

 さらに、別売りのパワーズームアダプター「PZ-E1」を装着すること、電動による滑らかなズーミングが可能となり、撮影表現の幅を拡大。加えて、キヤノン専用のソフトウエア「EOS Utility」および「Camera Connect」を利用したリモート撮影においても、パワーズームが可能となる。

 EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USMの価格は、税別8万3000円。パワーズームアダプター PZ-E1の価格は、税別2万5000円。なお、PZ-E1は、6月下旬の発売を予定している。

<
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社