お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

シマンテック、早期警告サービスに企業の“評判”を保護する機能を追加

2007/11/30 18:42
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シマンテックは11月30日、早期警告サービスである「DeepSight Services」に、企業の評判を守る2種類のアラート機能として「ネットワーク感染アラート」と「ブランド保護アラート」を追加したと発表した。

 ネットワーク感染アラートは、世界中の情報を集める「Symantec Global Intelligence Network」のデータから、企業のウェブサイトなど特定のIPアドレスから発生する悪意のある活動を探し出す。そのような活動は、企業ネットワーク内で悪意のあるコードが発生したことを表しているかもしれず、企業の評判にダメージを与える可能性があるからだ。この機能により、企業ネットワーク内の感染マシンを特定し、修復作業を開始するために必要な詳細情報をITスタッフに提供する。

 また、ブランド保護アラートは、ユーザー企業のブランドになりすましたフィッシングサイトを見つけると、その事実を顧客企業へ通知するというサービス。フィッシングサイトのIPアドレスや活動日時など、フィッシングサイトに対抗するのに十分な詳細情報を顧客企業に通知する。

 今回は、新たにRSS機能が追加されている。これにより、DeepSightにあるほとんどのアラートをRSSリーダから参照できるようになり、出先や遠隔地でもアラート情報が得られるようになった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社