お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

MySpace脅迫の2人組、罪状を認める--15万ドル要求し逮捕

2007/03/01 17:42
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロサンゼルス群地方検事局によると、ソーシャルネットワーキングサイトのMySpace.comから15万ドルを脅し取ろうとした罪に問われた男性2人が、コンピュータデータへの不正アクセスの容疑1件を認めたという。

 ニューヨーク州サフォーク郡出身のSaverio Mondelli被告(19歳)、Shaun Harrison被告(18歳)はそれぞれ米国時間2月26日、ロサンゼルス上位裁判所長官Kristi Lousteau氏の前で罪状認否を行った。

 残り3件の容疑(強奪、強奪未遂、不正なコンピュータアクセスに関する2件目の容疑)により、最高で4年の刑となる可能性があったが、同地区検事局は取り下げている。

 同地区検事局の報道担当官Jane Robison氏によると、今回の罪状認否の一部として、2人はそれぞれ刑務所で9日間の刑に服し、3年間の執行猶予と160時間の地域奉仕活動を行うという。

 2人はまた、MySpaceに対し合計1万3500ドルを返済することも決定している。

 「確かに2人は10代だ。だが、18歳に達している。法廷の見地からみると、2人は成人であり、成人として起訴されている」とRobison氏。

 2人は2006年、MySpaceユーザーの個人情報を追跡できるセキュリティ欠陥を発見した。MySpaceがこれに気がついて欠陥を修正したが、2人はその後、MySpaceに対し15万ドルを払わなければ新しいエクスプロイトコードを公開すると脅迫した。

 News Corp.のFox Interactive Mediaが所有するMySpaceから通報を受けた当局は、米シークレットサービスをはじめとする覆面捜査官によるおとり捜査を実施した。そして、覆面捜査官ふんするMySpace社員から金を受け取るために現れた2人を逮捕した。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社